ほづみだより

ジャガイモほり、田植え 食の大切さをいっぱい感じました

ジャガイモの収穫が始まりました。

6月のはじめ、農園では、ジャガイモの収穫が始まりました。土を掘り、かき分けていくと、ジャガイモが顔を出しました。子どもたちも「大きいのがあった」「こんなにかわいいのや」と嬉しそうに収穫していました。「フライドポテトがいいな」などジャガイモをどんなふうに料理しようか早速相談をしていました。

00000115.JPG00000110.JPG

身体も心もとってもいい経験をしました

おとのは学園さんに招待してもらい、田植えの経験をすることができました。田植えの時には、「心を込めて、大切に植えないといけないよ」とお米のこと、食に対して大切なことを教えてもらい、子どもたちもその話を真剣に聞いていました。そして、チョキの手で苗を挟んで、しっかり土の中に埋めるんだよと教えてもらい、いよいよ田植えの開始です。

00000111.JPG

田んぼの中は、にゅるっとした感覚があり、少し抵抗がある子もいたのですが、段々慣れてくると、冷たくて気持ちいいなとなって楽しんでいました。田植えの時には、一列に並んで、一本一本丁寧に植えていました。

00000112.JPG00000113.JPG

田植えが終わると、次は泥んこ遊びです。身体いっぱいどろんこになって遊ぶ経験はなかなかできないので、本当に子どもたちにとっていい経験ができたなと思います。大人も子どもも泥まみれになって心も身体も開放されて、思いっきり遊びました。

00000114.JPG

  • hodumi | 
  • 2017-06-09 20:38