ほづみだより

劇団風の子さんが来ました

今年も劇団風の子さんが、ほづみ保育園にやってきました。

なまの劇を見て感じてほしいという思いで、人形劇、影絵、劇など、年に何度が行っています。

DSC09800_result.JPG

地域の子どもたちも来てくれて、たくさんの人でにぎわいました。

昔の遊びということで、竹馬、なわとび、傘まわし、など大人もびっくりするような技の連続に、子どもたちも大人ももうくぎ付け。

DSC09807_result.JPG

後半は、「はなさかこぞう」という岐阜の民話でしたが、コミカルな表情や動き、何役もの役の早変わりなど子どもたちも大笑い。

DSC09816_result.JPG

これからも、このような催しをするので、また来てくださいね。

  • hodumi | 
  • 2017-11-29 16:33

大きなミカンをおなかいっぱい食べました

郡のみかん農園にみかんがりに行きました。

保育園からは、片道2キロと長距離です。だから、5歳児そらぐみは、1歳児のいちごぐみと一緒に手をつないで。4歳児うみぐみは2歳児りんごぐみと、3歳児は自分たちだけで。

DSC09601_result.JPG

こうして、小さい子と一緒に、みんなでみかん狩りに行きます。

みかん農園につくと、「どのミカンがおいしいかな」「これが大きい」など品定めをして食べていきます。

DSCN7546_result.JPG

DSCN7638_result.JPG

「もっとおかわりするねん」「何個目なの?」「4個」とびっくりするくらい子どもたちはみかんを食べました。

DSCN7559_result.JPG

おみやげにもってかえるために、リュックサックにつめて、重いリュックを背負ってまた来た道を帰ります。

帰ってくるとくたくたなのですが、「おみやげいっぱいとってきてん」と笑顔でたくさんのみかんを見せてくれました。

  • hodumi | 
  • 2017-11-29 16:20

今年も芋ほりをしました

今年も、初夏に苗を植えたサツマイモの収穫をしました。

大きいサイズもあれば、小さいサイズもあり、大きさもばらばら。

DSCF7367_result.JPG

今年は雨も続いたので、少し野菜に元気がありません。

DSCN4186_result.JPG

それでも、サツマイモが掘れた時には、収穫の喜びを子どもたちは感じていました。

0歳児も初めてのお芋ほりです。そこに、ミミズが出てきて、子どもたちも興味津々。

DSCF7335_result.JPGDSCF7337_result.JPG

農園は、いつも生き物に出会える子どもたちにとって大切な場所になっています。

  • hodumi | 
  • 2017-11-29 16:12

菌ちゃん先生と土づくり

長崎から、菌ちゃん先生こと、吉田俊道先生が来てくれて、そらぐみの子どもたちと一緒に農園の土づくりをしました。給食の食材の野菜のつ皮と子どもたちが家から持ってきた野菜の皮を合わせて、米ぬかぼかしと一緒に混ぜてつけものづくりをしました。野菜を細かくしたり、野菜の芯をつぶしたりしました。

DSCN7798_result.JPG

子どもたちも菌ちゃん先生のお話を真剣に聞いていて、楽しんで土づくりを楽しみました。

DSCN7785_result.JPG

野菜の大事な栄養の話、野菜が育つのは、土を大切にすること、育てる人の大切にする思い、気持ちが大切など、たくさんのことを子どもたちと勉強しました。

DSCN7822_result.JPG

今は、まだ土を作るための栄養を作っているので、春には新しい土になるように継続中です。

DSCN7842_result.JPG

  • hodumi | 
  • 2017-11-07 18:11