ほづみだより過去の記事はこちら

運動会、天気も良く開催できました

前日の雨に延期にして、翌日はいい天気に恵まれました。

今年は、青森の荒馬を子どもたちと楽しみました。

そらぐみの舞と迫力にとても盛り上がりました。今年は、りんごぐみ、やまぐみ、うみぐみの親子競技は荒馬でした。

0001.jpg

お父さん、お母さんも子どもと一緒に「らっせらー らっせらー」と掛け声をして踊り楽しみました。

0015.jpg

ももぐみは、たくさん歩けるようになり、斜面のぼり、すべり台を楽しみポットン落としを楽しみました。初めての運動会で、広いグランドにもかかわらず、いつものように遊んでいました。

0003.jpg

いちごぐみは、普段つかっている新聞紙のおもちゃを使って、みたてつもりあそびを楽しみました。新聞紙を丸めて、パンになり、荒馬の手綱になって「らっせーら、らっせーら」とそらぐみのように踊っていました。

0004.jpg

りんごぐみは、『トンガのきいちごつみ』のごっこあそびをしました。きいちごを取りに行くと、カラスに遭遇。どうやって追い払おうと、一生懸命考えて、葉っぱの笛を使って無事、きいちごを積むことができました。

0005.jpg0006.jpg

やまぐみは、三輪車に乗りました。新しい園庭でたくさんこいで楽しんでいたので、ビュンビュン三輪車をこいでいました。

0007.jpg

また、『とんぼのうんどうかい』の劇ごっこを楽しみました。とんぼになって運動会ごっこを楽しみました。

うみぐみは、天狗になって天狗下駄を楽しみました。バランスを取るのが難しいのですが、上手に乗ることができました。

0008.jpg0009.jpg

また『ゆかいなかえる』の劇ごっこを楽しみました。さぎに捕まらないように、葉っぱの下に隠れてうまくだますことが成功しました。

0012.jpg

そらぐみは、なわとび、たけうま、跳び箱、板とびを頑張りました。今年は、園からすぐに行けるところに園庭があり、毎日練習をして楽しめる場所ができてほんつにうれしく思いました。

劇では『スイミー』を楽しみました。スイミーの気持ちを1カ月考えて素敵な劇になりました。

0014.jpg

ほづみ保育園の運動会は、各年齢の発達に合わせた体育的なプログラムと表現活動も発達に合わせ「まねっこ」「みたてつもりあそび」「ごっこあそび」「劇ごっこ」「劇」に取り組み、子どもたちの『身体と心』の両面を育てる運動会です。

また、お父さん、お母さん家族の励ましや、子どもと保育士との共感関係、子ども同士の思いが重なりあいみんなで力を合わせることが土台です。運動会では、お父さん、お母さんたちにも、朝の準備、道具出しなどのお手伝いをしてもらい、みんなで作る運動会です。

0002.jpg

いろいろな葛藤、励まし、応援があり、素敵な運動会になりました。

ほづみ保育園って?

みんなの願いが集まって、できた、育った、保育園です。

ほづみ保育園は、1980年“茨木の子育てセンターに” “どの子にもよりよい保育を”と、たくさんの保育関係者、保護者のみなさんの願いと力が集まって誕生しました。

2003年には、なかよしわんぱく保育園が姉妹園として建設され、たくさんのお父さん、お母さん、地域のみなさんに支えられながら育っている保育園です。

  • 園のご紹介
  • 園での生活
  • ほづみだより
  • アクセス
  • 苦情対応
  • 書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • 穂積福祉会
  • 福祉サービスの第三者評価報告
社会福祉法人穂積福祉会 ほづみ保育園 お問い合わせ
Tel. 072-627-5200
Fax. 072-623-9100
メール