みずおだより

楽しい夏まつり(5歳児デイキャンプ)

8月28日(金)に5歳児さくらんぼぐみのデイキャンプを行いました。この日のために準備をしてきました。午前中は5歳児の子どもたちが、小さいクラスを招いてのお祭り。午後からは5歳児の子どもたちがお客さんになて夏祭りを楽しみました。

まつりと言えば...「おみこし」「ぼんおどり」「おみせ」と案を出し合い、盆踊りをするためのグッズをお店にすれば、一緒に盆踊りを楽しめるのではないかと考えて、"お面""うちわ""景品釣り"コーナーをしました。

DSC02879.JPGDSC02821.JPG

 お店は大盛況

 自分たちで作ったTシャツ(絞り染めと絵を描いた)を着て、ねじり鉢巻きをして、「いらっしゃ?い」と元気いっぱいのお店やさん、じっくり丁寧に声を掛けながらやり方を教えてあげてと、さすが年長の子どもたちでした。グッズができたらみんなで盆踊りです。盆踊りは全クラスの子どもたちで楽しみました。

DSC02952.JPG

みんなが大好きな『勇気音頭』

DSC02959.JPG

お昼寝をしてからは、またまたはっぴを着て、園の周りをおみこしかついで練り歩きました。暑さに負けないくらいの子どもたちの元気な「わっしょい わっしょい」という掛け声が響いていました。

DSC03060.JPG

おたのしみはまだまだ始まったばかり。おやつはみんなですいか割です。さくらんぼぐみ対スイカ太郎との本気勝負。さぁどちらが勝つでしょうか??

DSC03064.JPG

チャンスは一人1回です。みんなで声を掛け合ってスイカ太郎に挑みます。

さてさて結果は...

DSC03074.JPG

見事さくらんぼぐみの勝ちです。きれいに半分に割れました。みんなでとってもおいしくいただきました。

おやつの後はいよいよお待ちかねの夜店です。夜店パート1は遊びコーナー

DSC03174.JPGDSC03206.JPG

「わあ?ほんまのお祭りや?」と大興奮の子どもたち。スマートボールに水鉄砲あて、ヨーヨー釣りと、両手に景品をいっぱい抱えて大喜びでした。

夜店パート2は食べものコーナー

DSC03305.JPGDSC03317.JPGDSC03288.JPG

フランクフルトにポテトに焼きおにぎり、特別に、綿菓子やミルクせんべいもあり、「おいしい?」とお腹いっぱいになりました。5歳児の子どもたちが作った提灯です。とっても素敵でしょう。

おたのしみはまだまだ続きます。

グループごとに考えて練習してきたスタンツです。

DSC03364.JPGDSC03331.JPG

他のグループのうたや踊りもぜーんぶ覚えていて、みんなで口ずさんで盛り上がりました。

いよいよ最後のお楽しみ...保育者がこの日のために内緒で準備してきた手作りのプラネタリウムです。

『星めぐりのうた』を楽しんできた子どもたちは星座に興味を持って、自分たちで星座カードを作り楽しんできていました。そんな子どもたちにプラネタリウムを見せたいという担任の熱い想いをスタートに保育者も 出来る限りの本物を と準備を進めてきました。(残念ながら暗闇なので写真はありませんが...)

真っ暗な部屋に一面の星空が広がると子どもたちの歓声が上がり、口々に「あっ さそり座や」「こっちはオリオン座」と星座を見つけていました。大人は星座を見つけるのに苦労したのに、、、本当に興味を持った子どもたちはすごい...プラネタリウムの最後にはさそり座の赤い星「アンタレス」から、なんと星のかけらを使ったプレゼントを流れ星に乗せて届けると教えてもらいました。大興奮で園内を探すと

DSC03372.JPG

大きな流れ星が...「あったー」

みんなで開けてみると

DSC03385.JPG

万華鏡(もちろん手作り)でした。みんな夢中でのぞいて「うわ?、ほしぞらがみえる」「とくべつのプレゼントや?」と大興奮でした。

今年は一泊保育ではなくデイキャンプとなりましたが、子どもたちが心から「あ?たのしかった」と思えるためにと、保育者も知恵を出し合って、文字通り本気でこの日のために準備してきました。たくさんの規制はあったとしても、子どもたちと真正面から向き合い、一緒に楽しめるためにと保育をすることの大切さを改めて感じることができました。

  • hodumi | 
  • 2020-08-29 17:32

7月以降の地域教室・一時預かり事業について

新型コロナウイルス感染拡大予防措置として、6月末までは「地域教室」「一時預かり事業」について、お休みとしていましたが、7月以降も市の方針に準じて、「地域教室」「一時預かり事業」はお休みとします。また再開についてはホームページにてお知らせしますので、よろしくお願いします。

  • hodumi | 
  • 2020-06-25 11:43

かえるの運動会

 6月17日(水)に5歳児さくらんぼぐみ考えた、"かえるの運動会"をしました。

 今年度は新型コロナウイルスの影響で4月から休園措置などもあり、ようやく子どもたちも日常に近い生活を取り戻してきています。

 5歳児の子どもたちは、3月に前5歳児から「保育園のことは任せるね」と託され、自分たちが保育園のことをするんだと張り切っていた矢先のことだったのですが、休園措置が終わり、登園してくると「なにかみんなのためにしたい」とすぐにみんなで楽しめることをしようと考えていました。

 全園児の分の金メダルを作り、運動会の競技を考える、競技の説明の言葉を考えるなどなど、たくさん準備もしてきました。当日は、少し緊張もし、途中で疲れ果てそうになり、でも最後までやりきろうと、みんなで頑張って大成功でした。他のクラスの子どもたちも「たのしかった」「さくらんぼさんありがとう」と本当にいい表情で5歳児の子どもたちも少し恥ずかしいような、でも誇らしい顔をしていました。

 こんな5歳児の姿を見て、小さいクラスの子どもたちも憧れを持ち、次は自分たちがあんな風になりたいと保育が縦に繋がっていくんだなと感じます。

DSC02413.JPG

2歳児がオタマジャクシになって、かえるのさくらんぼぐみが追いかける、しっぽとり

DSC02444.JPG

3歳児かえるの玉入れ かえるのように何度もジャンプして玉を入れていました。カゴはもちろんさくらんぼぐみが持っています

DSC02465.JPG

蓮の葉(マット)引きでは、4歳児に花を持たせてあげるさくらんぼぐみ 勝ちたい思いもあるけれど、、、

 今年度は新型コロナウイルスの影響がずっと付きまとうとは思いますが、目の前の子どもたちと、保育者も一緒になって楽しみ、一緒に成長していけたらと思います。

  • hodumi | 
  • 2020-06-17 16:31

子どもたちに 自然と触れる経験を

 園庭の果実の木に実がなり始め、畑では夏野菜が少しずつ大きくなってきています。中でも子どもたちが毎日のように見に行っているのが、スイカです。スイカの受粉は本来ハチ等の虫たちによって自然に行われるものですが、緑の多い茨木市でも人口的に受粉をしないとなかなか"受粉"をするというのは難しくなってきています。水尾保育園でも、ここ数年スイカの栽培をしていますが、雄花と雌花を見つけては筆を使って受粉をしています。上手くいったりいかなかったりと、なかなか難しいのが現状です。子どもたちにもそんなことを伝えていると、「へえ?」と不思議そうにしていました。

 普段食べている野菜などもそうですが、どのようにできるのか?土の上になるものなのか、土の中でなるものなのか、スーパーで陳列されているもの見ただけでは想像できません。だから、小さな畑や、限られた果樹ですが、実際に子どもたちが見て、触れることのできる環境というのはとても大切なんだなと感じます。子どもたちが"不思議""どうしてだろう?"と思うことは、次に"知りたい"という探求の心を持つことにつながるし、それがわかると科学的に物事を見たり考える力に繋がります。話を聞くだけではなく、実体験を保育園の中でもできる限り大切にしていきたいと思っています。

DSC02549.JPG

ふたつ大きくなってきました。大きくなるのが楽しみ

DSC02406.JPG

とけいそう 本当に見れば見るほど不思議

DSC02382.JPG

乳児園庭にできた バナナ

DSC02387.JPG

乳児園庭のぶどう

DSC02402.JPG

すもも 赤くなったらおいしくなるんだろうな とってもいい匂いがします

DSC02390.JPG

今年はみかんの実もなっています。おおきくなってほしいなぁ

  • hodumi | 
  • 2020-06-17 14:41

元気な声が戻ってきました

 今年度は4月のスタートから、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、例年とは違う日々が続いています。緊急事態宣言発令に伴い、4月21日からの休園措置となりましたが、5月25日から、登園自粛協力となり、子どもたちがまた元気に登園してきています。

 おかあさん・おとうさんと離れるのは少し寂しいけれど、久しぶりに友だちに会うと、すぐに笑顔が戻り、元気いっぱいの声があふれています。登園している子どもたちとは手洗いをしっかりしたり、水分をこまめに摂ったりと、新型コロナウイルス感染予防を徹底しています。

DSC02281.JPG

DSC02279.JPG ※6月末までは "登園自粛要請期間"となりますので、「地域教室・一時預かり事業」はありません。 また再開時期はホームページにてお知らせします。

  • hodumi | 
  • 2020-06-01 13:16

2020年度 入園式

 2020年度が4月1日からスタートしました。今年度は新型コロナウイルス感染拡大の影響で全園児揃ってのスタートとはなりませんでしたが、子どもたちの元気いっぱいの声が園内にはあふれています。今年度もよろしくお願いします。

4日には入園式を行いました。例年は進級式も一緒に行うのですが、今年度は新型コロナウイルス感染拡大予防のため、新入園の子どもたち、保護者と職員でお祝いをしました。

入園式.jpg

乳児クラスの職員が手遊びでお祝いしました。

今年度も職員一同、子どもたちの安全を守り、子どもたちを真ん中に保護者の方と成長を見守り保育していきます。

  • hodumi | 
  • 2020-04-08 10:21

保育園よりお知らせ

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、6月30日(火)まで引き続き、一時預かり事業、地域教室をお休みとします。

  • hodumi | 
  • 2020-02-27 17:30

第12回水尾保育園生活発表会

2月8日(土)に生活発表会がありました。発表会は1年間の子どもたちの成長を確認する大切な場です。

どの子もキラキラとしたいい目をして楽しんでいました。

DSC00117.JPG

DSC00089.JPG

4月に入園してきたころはまだヨチヨチ歩いていたり、まだハイハイだった子も、自分の足でしっかりと立ち、大好きな友だち、保育者と楽しそうに遊んでいる姿に1年の大きな成長を感じました。

DSC00046.JPG

DSC00056.JPG

DSC00043.JPG

 5歳児はオープニングでけん玉をしました。年末ごろから毎日のようにけん玉を楽しみ、「今日は〇〇回のったで」「はやくできるようになったで」とどんどん上達し、集中力も持続力もついてきました。ひざの屈伸でリズムを感じ、身体を調整していきます。0歳児クラスから楽しんできたリズムや歌でうーんと身体の中にリズムが取り込まれているのを毎年このけん玉で感じます。ただできるだけではなく、音楽、そしてなによりクラスの友だち全員と気持ちを通わせてけん玉をするということに担任がこだわってやってきました。

 0歳児から6年間生活を共にしてきた友だちと気持ちを通わせようと意識しているのが感じられました。

 どの年齢もこの一年間、大好きな友だち、保育者と楽しんできた姿が発表会で出ていました。保護者の方の日々のご協力があっての姿だと感じています。

 そしてこんな子どもたちの生き生きとした表情、そして成長発達を守るためにも、今の保育制度を守ることはもちろん、さらなる制度の拡充を勝ち取っていかなければいけないと強く感じました。

  • hodumi | 
  • 2020-02-15 15:29

明けましておめでとうございます

 新年あけましておめでとうございます。職員一同、精一杯保育をしていきます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

CIMG7467.JPG

5歳児が作った餅花

  • hodumi | 
  • 2020-01-01 09:00

今年も一年ありがとうございました よいお年を

 2019年も子どもたちや保護者の方、そして地域の方々の中で保育園を運営することができました。本当にありがとうございました。ご迷惑をおかけしたことも多々あるかと思いますが、2020年も、職員一同、誠実に子どもたちに向かって保育をしていきます。どうぞよろしくお願いいたします。

  • hodumi | 
  • 2019-12-31 15:00

避難訓練

12月20日に水尾分署の方に来ていただき、避難訓練、消火訓練を行いました。

近年は自然災害など、予期せぬ事態に見舞われる可能性も高くなっていると思います。。保育園として、子どもたちの命と安全を守るために、職員としても月1度の避難訓練や想定訓練を行ってきました。今回は消防署の方に実際の避難訓練を見学してもらい、意見をいただきました。今後の防災や災害時の私たちの行動につながる良い学びとなりました。

CIMG7316.JPG

職員による消火訓練

これに合わせて、職員の訓練として、この日は園庭で炊き出しをして、給食を作りました。ガスなどのライフラインが無くなってしまったときにも命を繋ぐため、また保育園がいついかなる時でも、地域の中での拠点となれるようにと考えています。

  • hodumi | 
  • 2019-12-30 09:00

餅つき

 12月24日に餅つきをしました。

 5歳児が餅つきをして、その餅で鏡餅と5歳児が餅花を作りました。

CIMG7347.JPG

小さいクラスの子どもたちは よいしょー と大きな掛け声で応援です

CIMG7435.JPG

重たい杵を1人で持ち上げ力強くついています

CIMG7466.JPG

5歳児が作った餅花

 なぜお餅つきをするのか?鏡餅を作るのか?子どもたちに日本の文化を伝える大切な時間になりました。なかなか大人も餅つきの経験をする機会が減ってきていると感じています。保育の中でも、伝えられること、経験できることは子どもたちと一緒に体験し知る機会に出来たらと感じています

  • hodumi | 
  • 2019-12-27 10:32

雪山に行ってきました

 12月5日(木)に5歳児ぐみさくらんぼぐみが六甲山スノーパークへそり滑りに行ってきました。

 こどもたちは「ゆきやまいったら、いっぱいそりすべりする」「ゆきだるまもつくりたいね」ととても楽しみにしていました。雪山は寒いからと、自分たちで毛糸を編んで帽子も作りました。前日にはグループで好きなおやつをスーパーへ買いに行き、スノーウェアを着る練習をして期待いっぱいでした。

 雪山に着くと早速着替えて雪遊びです。

CIMG7053.JPGCIMG7030.JPGCIMG7022.JPG

なかなか勢い良く滑るので、脚でブレーキをかけないといけません。はじめのうちは、早くブレーキをかけすぎて、斜面の途中で止まってしまったり、止まれずにコースアウトしそうになったりしていましたが、何度か滑るうちにすぐにコツをつかんで、一人ひとり調節していました。「おもしろいー」「すごいスピード?」「つぎはふたりですべろう?」と何度も何度も滑っては斜面を駆け上がっていく子どもたちに、見ているだけで楽しいというのが伝わりました。

CIMG7135.JPGCIMG7138.JPG

もう一つたのしみにしていた、お昼のカレーライス。「さくらんぼみんなでレストランくるのはじめてやな」「おかわりほしい?」とお腹いっぱい食べてまた元気に滑り出していました。

CIMG7244.JPG

念願の雪だるまもグループごとに作り、大満足の1日で、帰りのバスはみーんなぐっすり眠っていました

  • hodumi | 
  • 2019-12-05 16:09

待ちに待った運動会

今年度は2度にわたる延期を乗り越え、10月23日(水)に秋晴れの下、第12回水尾保育園運動会を行いました。

子どもたちは、延期になるたびに、もっともっとかっこいい自分たちになれるんだ、お父さんお母さんに一番いい姿を見てもらいたいと常に前を向いて進んできました。保育者も本当に子どもたちの頑張る姿に力をもらい、文字通り待ちに待ったこの日を迎えることができました。

オープニングは全園児による「荒馬」です。今年度は職員が子どもたちに出来る限り本物の文化を伝えたいと、青森県今別町の荒馬保存会の方が行う講習に行き、子どもたちと取り組んできました。5歳児年長児は、そんな保育者の姿に目を輝かせ、荒馬の魅力に引き込まれていました。

力強い荒馬を見事に表現し、さすが5歳児年長組という「荒馬」でした。

sIMG_8409.jpg

sIMG_8410.jpg

4歳児も憧れの眼差しで5歳児を見ています

sIMG_8416.jpg4歳児 棒のぼり

毎年棒のぼりはお父さんお母さんのお手伝いがあって成り立っています。

sIMG_8422.jpg5歳児 竹馬 みんなの大きな声援の中、堂々とトラックを一周歩ききりました。

sIMG_8423.jpg保育園最後の運動会 かっこよかったさくらんぼぐみにはピカピカの金メダルが贈られました。

1年間の前半期の育ちをみんなで確認し合う運動会。たくさんの保護者の声援の中で、0歳児から5歳児まで、どの子も楽しみ、輝いた1日になりました。

  • hodumi | 
  • 2019-11-02 13:52

平和の日のつどい

8月9日(金)に平和の日のつどいを行いました。

毎年、水尾保育園では 8月6日・9日 広島・長崎に原爆が投下された日に合わせて平和の日のつどいを行っています。

戦後74年余りが経ち、戦時中を知る人も少なくなってこられました。もちろん職員も実際は知りませんが、再び、今目の前にいる子どもたち、そしてこれから生まれてくる子どもたちが戦争の犠牲になるようなことがあってはいけないと強く感じています。そして今後二度と戦争が起こらないようにすることが私たち大人の責任であると強く感じています。この平和の日のつどいを子どもたちとも、保護者の方とも、保育者同士も"平和"というものを共に考える日にしています。

今年は8月初めに、広島へ研修へ行く職員がいたので、5歳児が代表して折った折り鶴と、保護者の方に呼びかけ折ってもらった折り鶴を"平和"への願いを込めて届けてもらいました。

折り鶴.jpg

5歳児の子どもたちは、戦争を題材にしたさまざまな絵本を読んで、自分たちが思う平和ってどんなことだろう?とみんなで話し合いました。そしてやっぱり、今いる友だちと遊んだり、ご飯を食べたり、ゆっくり寝ること、ケンカもするけれど笑顔でいることなどが自分たちの平和だな?と確認しました。一人一人が一番平和だと感じることとをしている自分を作って、当日発表しました。

DSC05658.JPG

発表後は、5歳児が「敗戦のこども」「折り鶴」 みんなで「青い空は」を歌いました。

全体会のあと、5歳児には戦争体験をされた地元茨木の方に来ていただいて話を聞きました。子どもたちにとっては難しいことも多かったと思いますが、真剣な表情で5歳児なりに話を受け止め、それぞれ考えた事があったと思います。本当に子どもたちにも、私たちにとっても貴重な体験となりました。

その他

5歳児の保護者の方には、我が子に平和のメッセージも書いてもらいました。担任や自分のお父さんお母さんにそのメッセージを読んでもらって、本当に幸せそうな表情をしていました。

保護者の方には折り鶴の他にも、平和の願いを込めたメッセージを書いてもらい"平和の樹"を作りました

職員は、戦時中の体験記を読み、それぞれが読んで感じたことをまとめた物も貼り出しました。

子どもも、保護者も保育者も、平和について考え、感じ、話す、ことができました。これからも"平和"をみんなで考え話すことができる保育園であり続けたいと思います。

  • hodumi | 
  • 2019-08-20 10:43

交通安全教室

 6月18日に茨木警察・市役所の方に来ていただき、交通安全教室を開催しました。

 3歳児・4歳児・5歳児が人形劇で道路で歩く時の注意点、横断歩道の渡り方など教えてもらいました。子どもたちはとても集中して見て聞いていました。

DSC05404.JPG

DSC05407.JPG

 4歳児・5歳児は実際にホールに道を作り、曲がり角での確認と横断歩道の渡り方、道の右側を歩くなど、ロールプレイもしました。

DSC05414.JPG

DSC05409.JPG

 5歳児は来年4月から毎日小学校へ歩いて登校します。一人一人が自分で注意をして道路を歩くという一つの大きな経験になりました。

  • hodumi | 
  • 2019-06-19 11:34

訂正

 地域教室のめだかの予定で訂正があります。

 ホームページでのお知らせでは6月20日(木)人形劇と掲載していましたが、6月13日(木)明日です。ホームページをご覧になって予定されていた方。すみません。

 6月20日(木)は通常通り、地域教室でリズムを行います。

  • hodumi | 
  • 2019-06-12 13:31

春の音楽会

 5月24日(金)にソプラノ歌手の中嶋康子さん ピアニストの掛川歩美さんをお招きして「水尾保育園春の音楽会」をしました。

 ホールで声出しをされているだけでも子どもたちは部屋から覗き込んで、ワクワクしているのが伝わってきました。音楽会が始まり、素敵なドレス姿に子どもたちの目はキラキラとしていました。

DSC05194.JPG

 子どもたちも日常生活の中でうたを楽しんでいますが、プロのソプラノ歌手の高くてきれいな声、そして表現力にあっという間に魅了されて、うっとりとした表情で聴き入っていました。子どもたちが日ごろうたっている「森は生きている」など知っているうたが始まると「これしっている」と嬉しくなって一緒にうたって、本当に良い時間になりました。

DSC05197.JPG

 子どもたちが真剣なまなざしで聴き入っている姿に、子どもたちは「これがいい」と感じとる力があるのだなと改めて思いました。本物の文化に触れる機会はなかなかありませんが、これからも本物の文化に触れる機会を作っていきたいと思います。またそれは大人も同じだなと思います。職員も本物の文化に触れて、保育の中で子どもたちに伝えていきたいと思います。

  • hodumi | 
  • 2019-05-27 16:11

地域教室(めだか)あかちゃん教室(プレママ教室)のお知らせ

 今年度も地域園庭開放(めだか)を行います。保育園に通っている1歳児・2歳児クラスの子どもたちとも一緒に遊べます。予約も費用も要りませんので、お気軽に遊びに来てくださいね。

・4月25日(木) 制作「こいのぼりをつくろう」

・5月 9日(木) ・5月16日(木) ・5月23日(木) ・5月30日(木)

・6月 6日(木) ・6月13日(木) 

・6月20日(木) 人形劇(無料、予約不要)

・6月27日(木)

※全日程10:00?始まります。

あかちゃん教室について(プレママ教室・・・今年初めての取り組みです。気軽にご参加ください)

 ※満1歳ぐらいまでのこどもさんが対象です ※定員5名 ※予約制(3回コース) ※費用は要りません

 ※全日程10:00?始まります

・5月15日(水) 発達の話と簡単おもちゃ作り

・5月22日(水) ベビーマッサージ

・5月29日(水) 離乳食体験

・6月14日(金) 発達の話と簡単おもちゃ作り

・6月21日(金) ベビーマッサージ

・6月28日(金) 離乳食体験

電話での予約を受け付けていますので、園の方までお電話ください。

  • hodumi | 
  • 2019-04-23 16:36

外がきもちいい

外に出て遊ぶのが気持ちよい季節ですね。

近くの公園にたくさん散歩に出かけて、身体いっぱい使って、給食を食べて、ぐっすり眠って。子どもたちは毎日全部の力を発散させます。

今日はめろんぐみが散歩に出かけました。近くの公園まで友だちとしっかり手を繋いで、間があかないように歩きます。信号もみんなで確認して渡ります。


DSC05038.JPG
上手に歩けるよ

DSC05039.JPG信号もみんなで渡れるよ

DSC05045.JPG

公園の広いグランドを走ります。鬼ごっこ、先生に負けないぞ

DSC05052.JPG公園にある山だって登れるよ

 日替わりでたくさんのクラスが散歩に出かけています。明日はどこに行こうかな。

  • hodumi | 
  • 2019-04-22 15:35

春を感じる

 2019年度がスタートして2週間が経ちました。今年から水尾保育園に来た子どもたちも、少しずつ保育園に慣れ友だちと一緒に遊ぶ時間が増えてきました。

 暖かい日が続き園庭に出たり散歩に出かけたりと、たくさん春を感じています。園庭にもダンゴムシやミミズがたくさん出てきて、子どもたちはあちこち探しまわっています。

DSC05019.JPG「だんごむしいるかな?」「ここにいたね?」と会話が聞こえてきそう

こんな風に木陰があって、ちょっと大人の目から隠れて遊べる場所が子どもたちは大好きです。虫が出てきたり、花が咲くのを見て、子どもたちは?春?を全身で感じていくんですね。

 この他、園庭の木々も実をつけ膨らみ始めています

DSC05018.JPGさくらんぼの実が膨らんできました。大きくなったら今年もみんなで食べられるかな?

畑の野菜も大きく育ってきています

DSC05022.JPG昨年度のさくらんぼぐみが植えた玉ねぎが大きくなってきました。豊作まちがいなし

DSC05021.JPGじゃがいもも土の中で大きくなっていることでしょう

  • hodumi | 
  • 2019-04-17 10:00

入園・進級おめでとうございます

春らしい暖かい日が多くなりましたね。4月6日(土)に水尾保育園 入園・進級を祝う会をしました。

36名の新しい友だちを迎え、160名でスタートし1週間が経ちました。泣いていた0歳児クラスの子どもたちも、少しずつミルクを飲んで離乳食を食べて、遊ぶ時間が増えてきました。春がきたなぁと嬉しく思います。

年長児さくらんぼ組の子どもたちは、3月の卒園式で「保育園のことはまかせたよ」と引き継がれ、はりきりに満ちた1週間を過ごしていました。今日の入園・進級を祝う会では、保育園の1年間をうたと動きで発表しました。少し緊張した表情でしたが、堂々とした姿でした。

DSC04993.JPG

3月31日?4月1日と一日で何が変わるのだろう?と大人は思いますが、子どもたちの心の育ちというものは本当に驚かされます。

今年1年さくらんぼぐみを先頭に楽しい一年を過ごしたいと思います。

  • hodumi | 
  • 2019-04-06 10:56

2018年度卒園式

3月16日(土)に2018年度の卒園式をしました。

DSC04910.JPG

 卒園する子どもたちは、4月からは小学生になるんだ、という凛々しい顔で、自己紹介も卒園の言葉も、誇らしげに言っていました。在園児は4歳児のおれんじ組が園を代表して出席し、次は自分たちがさくらんぼになって保育園のことをするんだと期待に溢れていました。

 式の後は、修了リズムです。水尾保育園で、友だちと嬉しいことも楽しいことも、時には悲しいことも、友だちとたくさん共有し、共に大きくなってきた子どもたちの最後のリズムはとてもかっこよかったです。

DSC04946.JPG

DSC04957.JPG

 卒園の取り組みの中で、担任が最後に子どもたちへ何を伝えたいか考え「オキクルミと悪魔」というアイヌ文化の歌劇に取り組みました。アイヌの言葉の中にハラカラという言葉があります。ハラカラとは同志、仲間という意味があります。これまで一緒に大きくなってきた友だち、仲間と小学校では離ればなれになるけれど、いつまでもこのハラカラを大切にてほしいと思い取り組みました。

 最後の『オキクルミと大いなる悪魔との闘い』のうたをうたう子どもたちの姿を見て、これで小学校に送り出すことができると感じました。4月から小学校へ行くと、新しい環境になります。楽しいことも困ったこともあると思いますが、また新たな仲間の輪を広げ、仲間と手を繋ぎ、強く賢いオキクルミのように生きていってほしいと思います。そして元気な姿を見せに、いつでも帰ってきてほしいと思います。

卒園おめでとう

  • hodumi | 
  • 2019-03-18 10:56

2019年度 2月11日 採用試験のご案内 

2019年度 採用試験のご案内

開催日     2019年2月11日(月)AM1000から

場所      ほづみ保育園  ホール(茨木市上穂積2-3-45)

採用人数    法人内で2から3名(2019年4月採用)

勤務場所    ほづみ保育園・なかよしわんぱく保育園・水尾保育園

        3園のいずれか

*採用試験に際しては、随時施設見学を予定しています。

事前にご連絡いただけたら日程調整をします。体験も受け入れています。

*その他詳細は別紙求人申込票をご参照ください

(法人本部連絡先)茨木市上穂積2?3?45

担当 坂手 佳子  電話 072-627-5200 FAX 072-623-9100

採用試験のご案内.pdf 

求人パンフレット.pdf

常勤保育士・土曜日パートを随時募集中

常勤保育士

採用人数    法人内で2から3名(2019年4月採用)

        対象者(新卒および経験者)

勤務場所    ほづみ保育園(茨木市上穂積2-3-45)

        なかよしわんぱく保育園(茨木市上穂東町1-13)

        水尾保育園(茨木市水尾1-12-15)

        3園のいずれか

詳細は、ファイルを参照してください。

土曜日パート  

勤務地 ほづみ保育園

勤務時間 8:30から17:00 もしくは 9:00から17:30

詳しくは、電話 もしくは メールにて

  • hodumi | 
  • 2019-01-07 18:55

新年あけましておめでとうございます

 新年あけましておめでとうございます

 本年もよろしくお願いいたします。

  • hodumi | 
  • 2019-01-01 09:00

今年も一年間ありがとうございました

 年末12月27日にお餅つきをしました。今年は、ただ餅つきをして食べるだけでなく、子どもたちに文化を伝えることが私たち保育者の役割ではないかと話をして、5歳児の子どもたちと鏡餅を作ることにしました。なぜ鏡餅を作るのか?子どもたちにもちゃんと伝えて、5歳児がついてお餅で鏡餅を作りました。

DSC04320.JPG

DSC04312.JPG

 DSC04337.JPG

 もう早いもので、2018年も終わります。今年は、地震に台風など、災害続きの一年でした。保育園も休園せざるを得ない状況などもあり、様々なことがあった一年でした。その中でたくさんの方に支えられて、子どもたちが元気に毎日を過ごすことができました。ありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願いします。

よいお年を

  • hodumi | 
  • 2018-12-31 09:00

雪山にあそびにいってきました

5歳児さくらんぼぐみが、12月21日に六甲山スノーパークにそり滑りに行ってきました。

今年は暖冬という事で自然の雪はありませんでしたが、子どもたちは雪が見えると、「ゆきがあった」と大喜びしていました。

DSC04083.JPG

DSC04199.JPG

 そり滑るするのは初めてという子もいて、最初はブレーキをかけるのが早すぎたり、なかなかまっすぐ滑ることができなかったりでしたが、何度も滑るうちにまっすぐ滑り、ブレーキのタイミングもバッチリになっていきました。

 そりをもって何度も登っているうちに汗が出る子もいて、雪はすくなかったですが、そり滑りをする子どもたちにとっては、いいお天気で楽しめました。

DSC04163.JPG

 お昼ご飯も、いつもと違い、レストランのカレーだったので特別感があってとても喜んでいました。

  • hodumi | 
  • 2018-12-28 11:07

劇団「風の子」

今年も劇団「風の子」が保育園に来てくれました。全国各地にある劇団ですが、今年は東京から2名の方が来て「ポロロンシアター げんきかーい」というお話をしてくださりました。オルゴールの音色に合わせてお話が進み、子どもたちは夢中になって見ていました。表情や動き一つひとつが子どもたちの心をわしづかみにして、大笑いを誘っていました。終わった後も、すぐにお話に出てきた言葉やうたを口ずさんでいました。毎年感じますが、本物の文化というものを子どもたちは感じ取ることができるのだろうと思います。

DSC03934.JPG

  • hodumi | 
  • 2018-11-30 12:10

ドッヂボール大会 準優勝

11月11日(日)に茨木こどもまつりがありました。

 そのこどもまつりの中で、5歳児のドッヂボールがあります。運動会が終わった後は毎日のように園庭に出ると「ドッヂボールしよう」と試合をしていました。体育指導の中でも、ボールの投げ方やよけ方、受け方など、基本的なことから教えてもらいました。

 当日はその成果もあり、一回戦から全部勝利し、いよいよ決勝へ。惜しくも決勝戦は負けてしまい準優勝でしたが、みんなで力を合わせて頑張りました。「ゆうしょうしたかった」「さいごまけてくやしかった」と次の日の報告会では多くの子どもが話していました。でもみんなで頑張ったという事。悔しい思いをみんなでしたことは、子どもたちの自信になったことと思います。CIMG0845.JPG

  • hodumi | 
  • 2018-11-29 11:46

5歳児一泊保育

 9月1日(土)・2日(日)に5歳児の一泊保育がありました。

 一泊保育をの取り組みでは『いたずららっことおなべのほし』という絵本の世界で楽しみ、星や星座に興味を持ちました。一泊保育をみんなで頑張るために「Tシャツづくり」をして、そのTシャツも星空をイメージして、一人ひとり好きな星座をスタンプして作りました。そのTシャツを着て大阪市立科学館へ行きました。

DSC03426.JPG

 大阪市立科学館ではみんなでプラネタリウムを見ました。自分たちがたくさん調べた星座や、太陽や火星など知らないこともたくさん見てとっても楽しい時間になりました。

DSC03581.JPG 保育園に帰ってきてからは、全部自分たちでします。夕食は「いたずららっことおなべのほし」に出てくる、天の大男の大好物「天の大男のスープ」です。包丁で野菜を切り、魚の形の型抜きをして、大鍋でぐつぐつ煮て作りました。「おおおとこ、まいにちこんなすーぷのんでるんかな?」「すーぷ、めっちゃおいしいなぁ」と大満足でした。

 その後はお楽しみのキャンプファイヤーです。ここからは保護者の方も参加しました。DSC03592.JPG

 沖縄のクイチャーという踊りです。保護者の方も子どもたちには内緒で練習して披露してくれました。そのあとは子どもたちも一緒に踊りました。
DSC03611.JPG

それから 子どもたちが楽しみにしていた花火もお父さん・お母さんがしてくれました。

 花火が終わって、あとはみんなで寝るだけだと思っていましたが...どこからか天の大男の声がしてきました。大男がなくして困っていたおなべの星を見つけたお礼にプレゼントがある地図を部屋に置いているというのです。

DSC03626.JPG大急ぎで部屋に戻って、みんなで地図を見てみることにしました。そして朝になったら探しに行こうとみんなで寝ることにしました。

恐かったけれど、みんなで泊まって、宝も見つけて、楽しいことがいっぱいの一泊保育になりました。月曜日には、他のクラスにも「みんなで一泊できました」と報告をして、拍手をいっぱいもらいました。

 初めて家を離れて寝る子もたくさんいましたが、友だちがいるから頑張ろうとみんなで一泊できたことが自信になりました

  • hodumi | 
  • 2018-09-03 17:12

秋が近づいてきました

 毎日暑い日が続いていますが、園庭の木々をよく見てみると、果物の木が実をつけ始めています。少しずつ秋が近づいているんですね。

DSC03123.JPG

乳児園庭のぶどう

DSC03121.JPG

園庭のふでがき


DSC03125.JPG

乳児園庭のいちじく


DSC03120.JPG園庭のざくろ

 残暑厳しいですが、少しずつ過ごしやすい日が増えていってほしいですね。子どもたちと自然を通して "秋" をたくさん感じていきたいと思います

  • hodumi | 
  • 2018-08-17 14:57