みずおだより

一時預かり・地域園庭開放 再開について

現在大阪府に発令中の緊急事態宣言の解除に伴い、10月1日(金)より一時預かり事業を再開します。

新型コロナウイルス感染拡大予防の観点から、当面の間、定員を3名とします。

予約については電話(平日10:00から17:00)にてお願いします。

園庭開放は11月10日(水) 12月8日(水) 10:00から11:00

青空教室は 水尾公園にて 11月24日(水) 12月22日(水) 10:00から10:30頃

に行います。事前予約は必要ありませんので、遊びに来てくださいね。 園庭開放・青空教室は雨天中止です。

  • hodumi | 
  • 2021-09-28 17:15

一時預かり・地域教室について

大阪府下に緊急事態宣言が発令されていますが、9月12日までの延長が決定しました。

緊急事態宣言発令に伴い、一時預かり事業、地域教室は緊急事態宣言発令中はお休みとします。

再開については緊急事態宣言が解除となった時の状況を踏まえ改めてお知らせします。

  • hodumi | 
  • 2021-08-19 09:37

自然の恵みがいっぱい

 今年も園庭のすももの木に実がたわわになりました。3歳、4歳、5歳児の子どもたちは一つずつ、自分で選んで木からとりました。少しでも大きいものを...とあれこれ考えながら木の下で実を見つめ選んでいました。おやつの時間にかぶりつき、「あまい?」と大喜びでした。

すもも2 HP.jpg

すもも HP.jpg

 畑では 夏野菜やすいかが大きくなっています。きゅうりやとまとになす、実がつき大きくなって収穫を待つばかりです。すいかは今年は3つ受粉に成功し、大きくなり始めています。子どもたちも日に日に大きくなることすいかに大注目です。

すいか HP.jpg

  • hodumi | 
  • 2021-07-06 11:26

地域事業について

緊急事態宣言中はお休みにしていた地域事業ですが、、緊急事態宣言解除を受けてめだかさん、園庭開放を下記の通り再開します。

地域事業について

 感染症対策のため、例年とは受け入れ方を変更しています。(状況によっては予定を変える場合があります)

 〇園庭自由あそび 7月14日(水) 8月・9月 おやすみ 

  10:00から11:00  園庭で遊ぶので雨天はおやすみです。

 〇"めだかさん" 満2歳までを対象にします。予約制とし、1回につき5組までとします。開催週の月曜日から水曜日(10:00から16:00の間)にお電話ください。

 ※先着順です。

   7月1日(木) 8日(木) 15日(木) 22日(木) 29日(木)

  8月お休み

  9月2日(木) 9日(木) 16日(木) 30日(木)

 ※10月以降の日程はまたお知らせします

  • hodumi | 
  • 2021-06-24 15:13

地域・園庭開放について

大阪府に発令されている緊急事態宣言延長を受けて6月中の「めだかさん」ならびに園庭開放は中止とします。7月以降につきましては、ホームぺージにてお知らせします。

  • hodumi | 
  • 2021-05-31 12:00

一時預かり・地域教室について

大阪府に発令されている緊急事態宣言延長に伴い、6月中の地域「めだか」、ならびに園庭開放については中止とします。7月以降の開催についてはまたホームページでお知らせします。

  • hodumi | 
  • 2021-05-31 10:15

玉ねぎ 大収穫

昨年度、畑に植えた玉ねぎが大きく育ち、5歳児さくらんぼぐみ、4歳児おれんじぐみが収穫しました。

玉ねぎ2.jpg

土がいっぱいついてる 

玉ねぎ1.jpg

がんばって引き抜くぞ

玉ねぎ4.jpg

4歳児おれんじぐみも夢中になって玉ねぎを掘りました。

玉ねぎ3.jpg

こんなに採れたよ と他のクラスの子どもたちにも見せています。

土にまみれて玉ねぎを収穫しました。はじめは土が手につくのが嫌そうな子もいましたが、次第に大胆になり、手で土を掘っていました。実際に子どもたちが土に触れ、自然の恵みを受けられる感動できる体験が大切だなと改めて感じました。

5歳児は収穫した玉ねぎを5個ずつにしばって、数を数えました。嬉しい楽しい体験の中で、自然と数に触れる経験もできます。

なんと今年は玉ねぎが300個近く採れました。今度はこの玉ねぎをどうやって食べようかなぁと楽しみにしています。

  • hodumi | 
  • 2021-05-24 09:00

こどもの日のつどい

 5月12日(水)にこどもの日のつどいを行いました。

こいのぼり2.jpg

ホールには各クラスが作ったこいのぼりが勢ぞろいしました。

こいのぼり.jpg

5歳児さくらんぼぐみは 玉ねぎの皮を集めて絞り染めをして作りました。

今年はみんなで集まってあそぶのが難しいので、5歳児さくらんぼぐみの子どもたちが、他のクラスの子どもたちが遊べるおもちゃを考えて作りました。全体会の後にさくらんぼぐみがおもちゃを配り、みんな大喜びでした。

1歳おもちゃ.jpg

こいのぼりに乗って 楽しいな

2さいおもちゃ.jpg

こいのぼりのひもとおし ゆっくりゆっくり穴をねらって

3歳おもちゃ.jpg

的を狙って 入るかな  それっ

4歳おもちゃ.jpg

こいのぼり たくさん釣れるかな

  • hodumi | 
  • 2021-05-17 10:17

子どもたちに自然と関わる経験を

 水尾保育園の自慢の一つでもある果物の木。今年もさくらんぼの木がたわわに実を付けました。毎年たくさん採れるので、子どもたちも春が来て桜の花が散り始めると、次は毎日のようにさくらんぼの木を見上げ「いつになったらたべられるかな」と楽しみにしていました。

 今年は暖かい日が続いたこともあり、例年よりも少し早くさくらんぼの実が熟して真っ赤に実りました。

さくらんぼ3.jpeg

さくらんぼ1.jpeg

さっそく4,5歳の子どもたちと収穫して食べました。「あまい」「ちょっとすっぱい」と感想はそれぞれでしたが、最後には「おいしい、もっとたべたい」とたくさんの子どもたちが話していました。お迎えの時には「きょう、えんていのさくらんぼとってたべたで」とたくさんの子どもたちがその感動をお父さん、お母さんに伝えているのが印象的でした。

 水尾保育園の園庭には果物のなる木がたくさんあります。昨今スーパーへ行けば手に入らないものはないと言ってもいいほどです。でもお店に陳列されているだけでは、子どもたちはそれぞれの食材がどこにできるのか実はあまり知りません。話して教えてあげることも大切なことだと思いますが、子どもたちは実際に見て、触って、感じて、感動をすることでわかって理解していくと思います。十分ではないと思いますが、自然と関わり、感動できるような環境を渡していきたいと思います。

  • hodumi | 
  • 2021-04-30 17:40

2021年度の地域・一時預かり事業について

 2021年度の一時預かり事業について

 新型コロナウイルス感染拡大予防として昨年10月より、1日の定員を6名から3名としてきましたが、4月15日より、1日の定員を6名とします。

 2021年度の地域事業について

 感染症対策のため、例年とは受け入れ方を変更しています。(状況によっては予定を変える場合があります)

 〇園庭自由あそび 5月19日(水) 6月16日(水) 7月14日(水) 8月・9月 おやすみ 

  10:00から11:00  園庭で遊ぶので雨天はおやすみです。

 〇"めだかさん" 満2歳までを対象にします。予約制とし、1回につき5組までとします。開催週の月曜日から水曜日(10:00?16:00)にお電話ください。

 ※先着順です。

  5月13日(木) 20日(木) 27日(木)

  6月3日(木) 10日(木) 17日(木) 24日(木)

  7月1日(木) 8日(木) 15日(木) 22日(木) 29日(木)

  8月お休み

  9月2日(木) 9日(木) 16日(木) 30日(木)

 ※10月以降の日程はまたお知らせします

  • hodumi | 
  • 2021-04-09 15:20

2021年度がスタートしました

 2021年度がスタートして10日ほどが過ぎました。

 新しく水尾保育園に入園したお友達、一つ大きくなった進級児の子どもたち、160名と今年も一年間、楽しい毎日を過ごしていきます。今年度も新型コロナウイルス感染症の予防対策の中での保育となりますので、例年とは違うこともありますが160人の子どもたち一人一人を全職員で見ていきます。

 4月1日には、3.4.5歳児のみんなで入園・進級式を行いました。新しく年長児さくらんぼぐみになった子どもたちが、元気いっぱい手遊びとうたを披露し、「ほいくえんのことはなんでもまかせてね」と得意げに話している姿を頼もしく感じました。

1歳児描画.jpg

みんなでお絵描き たのしいな

3歳 おはしたいそう.jpg

給食前の おはしたいそう

  • hodumi | 
  • 2021-04-09 11:45

2020年度 卒園式 修了リズム

3月13日(土)に卒園式・修了リズムを行いました。

卒園する5歳児の子どもたちの、自己紹介とお別れの言葉を堂々と言う姿、卒園証書を高く掲げながら花道を歩く姿はとても凛々しく、たくましさと成長を感じることができました。

2部の修了リズムでは、リズムの他に竹馬でのリズム、発表会で劇に取り組んだ『スーホの白い馬』の朗読劇と組曲、竹踊りをしました。リズムをする姿もとてもかっこよく、どの子も活き活きした表情をしていて、本当に晴れやかな姿でした。

式でも2部の修了リズムの中でも、少し戸惑ってしまった友だちや、困ってしまった友だちに、隣にいる友だちがさりげなく助けてあげる場面がたくさんありました。これまでの園生活の中で、「困ったことがあっても周りにいる友だちと助け合えばいい」ということをずっとこだわって伝えてきました。そのことを子どもたちが実感し、このような姿として表れている、そしてこの力がこれから小学校という少し大きな社会に羽ばたいていく子どもたちにとって必ず力になると感じました。

卒園児のみなさん 卒園おめでとう

スーホ1.jpg

スーホ2.jpg

卒園グループ制作 スーホの白い馬

※今年度は新型コロナウイルス感染拡大予防として、5歳児のみの卒園式・修了リズムとしましたが、前日に4,5歳児でリズムをしました。下記の写真はその時のものです。

リズム2.jpg

横ギャロップ

リズム1.jpg

かもしか

竹馬リズム2.jpg

竹馬リズム

竹踊り1.jpg

竹踊り 2人で

竹踊り2.jpg

竹踊り グループで

今年度は新型コロナウイルス感染予防を徹底しながらの保育でしたが、保護者の方、そして保育園に関わる全ての方のたくさんのご協力で、卒園の日を迎えることができました。ありがとうございました。2020年度ももう少しありますので、またよろしくお願いいたします 

  • hodumi | 
  • 2021-03-17 11:13

サンタが保育園にやってきた

12月18日にお楽しみ会をしました。子どもたちは朝からサンタクロースくるかもしれないとドキドキワクワクしている様子でした。

ホールで5歳児さくらんぼぐみが『森は生きている』の歌劇と合奏を披露し、3・4歳児の子どもたちが嬉しそうに見ていました。

DSC05290.JPG

5歳児の発表が終わった後はおまちかねのサンタの登場です。

子どもたちが「サンタさーん」と呼ぶと、どこからか鈴の音が、、、見上げるとサンタクロースが2人も。

DSC05366.JPG

サンタさんからプレゼントをもらって大喜びの子どもたちでした。

  • hodumi | 
  • 2020-12-25 18:13

消防訓練

 10月16日に消防署、水尾分署から消防士の方に来ていただき、避難訓練を行いました。保育者は通報訓練(実際に消防署への連絡)を行い、子どもたちは火事を想定して園庭へ避難しました。毎月避難訓練を行っているので、子どもたちも保育者の誘導の元、短時間で避難することができました。

 その後、2階の部屋に一人先生が取り残されているという設定で、梯子を使って消防士の方の救助訓練を見ました。

消防訓練 避難.jpg

「ばばせんせい がんばって」と子どもたちはドキドキ見守り、無事救助されると「あぁ、よかった」大きな拍手をしていました。

消防訓練 話を聞く.jpg

火事の時の避難時の約束事 おはしも と煙を吸わないように、口元を抑えながら逃げる、かがんで煙にまかれないように逃げる など教えてもらいました。子どもたちは真剣に話を聞いていました。

お 押さない

は 走らない

し しゃべらない

も もどらない

消火訓練.jpg

消火器による消火訓練も職員が行いました。

  • hodumi | 
  • 2020-11-07 12:27

第13回水尾保育園運動会

 10月11日(日)にとてもよい気候の中で第13回水尾保育園運動会を行いました。今年は新型コロナウイルス感染予防の中での開催となり、子どもたちが無理なく、4月からの半年で育った力、楽しんできたことを保護者の方と一緒に確認できる場にしようと、各クラスの取り組みを進めてきました。

 オープニングは5歳児の竹馬でした。毎年竹馬には取り組んでいますが、今年は音楽に合わせて乗るだけではなく、グループごとに横一列に並び、足並みをそろえて歩くということに挑戦しました。真っ直ぐ前に進むだけでも5人?6人の足並みをそろえることは容易ではありません。さらにトラックのコーナーでは外側の子は早く進まなければいけないし、内側の子は小回りになります。それも繰り返す中で体感し、子どもたちで横の友だちを意識できるようになっていきました。そんな子どもたちの頑張りに大人も負けじと、音楽隊を組み生音演奏しました。

竹馬.jpg

 トランペットによる華やかなファンファーレと共にスタートし、凛々しく歩く年長さくらんぼぐみの子どもたちはとてもかっこよかったです。保護者の温かい拍手もあり、とてもいいオープニングで運動会が始まりました。

 0歳児の子どもたちは初めての運動会。たくさんの保護者に見守られ、はじめはいつもと違う雰囲気に驚いているようでしたが、いつもあそんでいるおもちゃ、友だち、担任に気付くといつも通り遊ぶ姿がありました。この半年でハイハイから立って歩けるようになった子もたくさんいます。見える世界がどんどん変わって、発見が楽しくなり、友だちや保育者のしていることに興味を持ち、"いっしょがたのしいね"と共感する中で、

 1歳児は日々の楽しんできたことを、段ボールの輪っかのおもちゃや新聞紙のおもちゃでみたてて楽しんでいました。時には阪急電車になったり、帽子やかばんに変身します。

 2歳児はごっこあそびの世界で楽しんでいました。少し怖い気持ちもあるけれど、くりぐみのかえるたちはねずみに、とまとぐみのざりがにはしじゅうから(鳥)にみんなで一緒に向かっていきました。

 3歳児は『ありのぼうけん』という紙芝居で劇あそびを楽しみました。大きなどろぼうありにも負けずに、みんなで力を合わせてどろうぼうをやっつけることができました。

 4歳児は『いたずららっことおなべのほし』という絵本で劇をしました。そこに出てくる天に住む大男が大好きになり、雲梯も「おおおとこわたり」と名付けて大男になって渡っていました。

 5歳児は『みつばちマーヤのぼうけん』の本で劇をしました。とても長いお話でしたが、みんなで表現を楽しみ、マーヤの気持ちで運動会を頑張ろうを合言葉にオープニングの竹馬や走り縄跳び、とび箱、逆上がりにも向かっていきました。この取り組みを通して、「みんなで同じ気持ちになる」という事を実感することができ、集団として大きく成長を感じることができました。

どのクラスも心も身体も一つ大きく成長しました。後半期、また大好きな友だちと一緒にひとまわりもふたまわりも大きく成長するのが楽しみです。

  • hodumi | 
  • 2020-10-12 18:07

一時預かり・地域教室について

・一時預かり

新型コロナウイルス感染症対策のため、一時預かりを休止していましたが、10月15日(木)より再開します。

密を防ぐため定員は3名とします。その他新型コロナウイルス感染症対策については面接時にお伝えします。

一時預かりの登録、利用をされる方は面接が必要ですので、保育園にお電話ください。

・地域教室

10月22日(木)より再開します。

新型コロナウイルス感染症対策として園内では行いません。第2・第4木曜日に園庭開放を行います。

保護者はマスク着用でお越しください。受付時に体温計測をして記入していただきます。

  • hodumi | 
  • 2020-10-03 15:07

楽しい夏まつり(5歳児デイキャンプ)

8月28日(金)に5歳児さくらんぼぐみのデイキャンプを行いました。この日のために準備をしてきました。午前中は5歳児の子どもたちが、小さいクラスを招いてのお祭り。午後からは5歳児の子どもたちがお客さんになて夏祭りを楽しみました。

まつりと言えば...「おみこし」「ぼんおどり」「おみせ」と案を出し合い、盆踊りをするためのグッズをお店にすれば、一緒に盆踊りを楽しめるのではないかと考えて、"お面""うちわ""景品釣り"コーナーをしました。

DSC02879.JPGDSC02821.JPG

 お店は大盛況

 自分たちで作ったTシャツ(絞り染めと絵を描いた)を着て、ねじり鉢巻きをして、「いらっしゃ?い」と元気いっぱいのお店やさん、じっくり丁寧に声を掛けながらやり方を教えてあげてと、さすが年長の子どもたちでした。グッズができたらみんなで盆踊りです。盆踊りは全クラスの子どもたちで楽しみました。

DSC02952.JPG

みんなが大好きな『勇気音頭』

DSC02959.JPG

お昼寝をしてからは、またまたはっぴを着て、園の周りをおみこしかついで練り歩きました。暑さに負けないくらいの子どもたちの元気な「わっしょい わっしょい」という掛け声が響いていました。

DSC03060.JPG

おたのしみはまだまだ始まったばかり。おやつはみんなですいか割です。さくらんぼぐみ対スイカ太郎との本気勝負。さぁどちらが勝つでしょうか??

DSC03064.JPG

チャンスは一人1回です。みんなで声を掛け合ってスイカ太郎に挑みます。

さてさて結果は...

DSC03074.JPG

見事さくらんぼぐみの勝ちです。きれいに半分に割れました。みんなでとってもおいしくいただきました。

おやつの後はいよいよお待ちかねの夜店です。夜店パート1は遊びコーナー

DSC03174.JPGDSC03206.JPG

「わあ?ほんまのお祭りや?」と大興奮の子どもたち。スマートボールに水鉄砲あて、ヨーヨー釣りと、両手に景品をいっぱい抱えて大喜びでした。

夜店パート2は食べものコーナー

DSC03305.JPGDSC03317.JPGDSC03288.JPG

フランクフルトにポテトに焼きおにぎり、特別に、綿菓子やミルクせんべいもあり、「おいしい?」とお腹いっぱいになりました。5歳児の子どもたちが作った提灯です。とっても素敵でしょう。

おたのしみはまだまだ続きます。

グループごとに考えて練習してきたスタンツです。

DSC03364.JPGDSC03331.JPG

他のグループのうたや踊りもぜーんぶ覚えていて、みんなで口ずさんで盛り上がりました。

いよいよ最後のお楽しみ...保育者がこの日のために内緒で準備してきた手作りのプラネタリウムです。

『星めぐりのうた』を楽しんできた子どもたちは星座に興味を持って、自分たちで星座カードを作り楽しんできていました。そんな子どもたちにプラネタリウムを見せたいという担任の熱い想いをスタートに保育者も 出来る限りの本物を と準備を進めてきました。(残念ながら暗闇なので写真はありませんが...)

真っ暗な部屋に一面の星空が広がると子どもたちの歓声が上がり、口々に「あっ さそり座や」「こっちはオリオン座」と星座を見つけていました。大人は星座を見つけるのに苦労したのに、、、本当に興味を持った子どもたちはすごい...プラネタリウムの最後にはさそり座の赤い星「アンタレス」から、なんと星のかけらを使ったプレゼントを流れ星に乗せて届けると教えてもらいました。大興奮で園内を探すと

DSC03372.JPG

大きな流れ星が...「あったー」

みんなで開けてみると

DSC03385.JPG

万華鏡(もちろん手作り)でした。みんな夢中でのぞいて「うわ?、ほしぞらがみえる」「とくべつのプレゼントや?」と大興奮でした。

今年は一泊保育ではなくデイキャンプとなりましたが、子どもたちが心から「あ?たのしかった」と思えるためにと、保育者も知恵を出し合って、文字通り本気でこの日のために準備してきました。たくさんの規制はあったとしても、子どもたちと真正面から向き合い、一緒に楽しめるためにと保育をすることの大切さを改めて感じることができました。

  • hodumi | 
  • 2020-08-29 17:32

7月以降の地域教室・一時預かり事業について

新型コロナウイルス感染拡大予防措置として、6月末までは「地域教室」「一時預かり事業」について、お休みとしていましたが、7月以降も市の方針に準じて、「地域教室」「一時預かり事業」はお休みとします。また再開についてはホームページにてお知らせしますので、よろしくお願いします。

  • hodumi | 
  • 2020-06-25 11:43

かえるの運動会

 6月17日(水)に5歳児さくらんぼぐみ考えた、"かえるの運動会"をしました。

 今年度は新型コロナウイルスの影響で4月から休園措置などもあり、ようやく子どもたちも日常に近い生活を取り戻してきています。

 5歳児の子どもたちは、3月に前5歳児から「保育園のことは任せるね」と託され、自分たちが保育園のことをするんだと張り切っていた矢先のことだったのですが、休園措置が終わり、登園してくると「なにかみんなのためにしたい」とすぐにみんなで楽しめることをしようと考えていました。

 全園児の分の金メダルを作り、運動会の競技を考える、競技の説明の言葉を考えるなどなど、たくさん準備もしてきました。当日は、少し緊張もし、途中で疲れ果てそうになり、でも最後までやりきろうと、みんなで頑張って大成功でした。他のクラスの子どもたちも「たのしかった」「さくらんぼさんありがとう」と本当にいい表情で5歳児の子どもたちも少し恥ずかしいような、でも誇らしい顔をしていました。

 こんな5歳児の姿を見て、小さいクラスの子どもたちも憧れを持ち、次は自分たちがあんな風になりたいと保育が縦に繋がっていくんだなと感じます。

DSC02413.JPG

2歳児がオタマジャクシになって、かえるのさくらんぼぐみが追いかける、しっぽとり

DSC02444.JPG

3歳児かえるの玉入れ かえるのように何度もジャンプして玉を入れていました。カゴはもちろんさくらんぼぐみが持っています

DSC02465.JPG

蓮の葉(マット)引きでは、4歳児に花を持たせてあげるさくらんぼぐみ 勝ちたい思いもあるけれど、、、

 今年度は新型コロナウイルスの影響がずっと付きまとうとは思いますが、目の前の子どもたちと、保育者も一緒になって楽しみ、一緒に成長していけたらと思います。

  • hodumi | 
  • 2020-06-17 16:31

子どもたちに 自然と触れる経験を

 園庭の果実の木に実がなり始め、畑では夏野菜が少しずつ大きくなってきています。中でも子どもたちが毎日のように見に行っているのが、スイカです。スイカの受粉は本来ハチ等の虫たちによって自然に行われるものですが、緑の多い茨木市でも人口的に受粉をしないとなかなか"受粉"をするというのは難しくなってきています。水尾保育園でも、ここ数年スイカの栽培をしていますが、雄花と雌花を見つけては筆を使って受粉をしています。上手くいったりいかなかったりと、なかなか難しいのが現状です。子どもたちにもそんなことを伝えていると、「へえ?」と不思議そうにしていました。

 普段食べている野菜などもそうですが、どのようにできるのか?土の上になるものなのか、土の中でなるものなのか、スーパーで陳列されているもの見ただけでは想像できません。だから、小さな畑や、限られた果樹ですが、実際に子どもたちが見て、触れることのできる環境というのはとても大切なんだなと感じます。子どもたちが"不思議""どうしてだろう?"と思うことは、次に"知りたい"という探求の心を持つことにつながるし、それがわかると科学的に物事を見たり考える力に繋がります。話を聞くだけではなく、実体験を保育園の中でもできる限り大切にしていきたいと思っています。

DSC02549.JPG

ふたつ大きくなってきました。大きくなるのが楽しみ

DSC02406.JPG

とけいそう 本当に見れば見るほど不思議

DSC02382.JPG

乳児園庭にできた バナナ

DSC02387.JPG

乳児園庭のぶどう

DSC02402.JPG

すもも 赤くなったらおいしくなるんだろうな とってもいい匂いがします

DSC02390.JPG

今年はみかんの実もなっています。おおきくなってほしいなぁ

  • hodumi | 
  • 2020-06-17 14:41

元気な声が戻ってきました

 今年度は4月のスタートから、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、例年とは違う日々が続いています。緊急事態宣言発令に伴い、4月21日からの休園措置となりましたが、5月25日から、登園自粛協力となり、子どもたちがまた元気に登園してきています。

 おかあさん・おとうさんと離れるのは少し寂しいけれど、久しぶりに友だちに会うと、すぐに笑顔が戻り、元気いっぱいの声があふれています。登園している子どもたちとは手洗いをしっかりしたり、水分をこまめに摂ったりと、新型コロナウイルス感染予防を徹底しています。

DSC02281.JPG

DSC02279.JPG ※6月末までは "登園自粛要請期間"となりますので、「地域教室・一時預かり事業」はありません。 また再開時期はホームページにてお知らせします。

  • hodumi | 
  • 2020-06-01 13:16

2020年度 入園式

 2020年度が4月1日からスタートしました。今年度は新型コロナウイルス感染拡大の影響で全園児揃ってのスタートとはなりませんでしたが、子どもたちの元気いっぱいの声が園内にはあふれています。今年度もよろしくお願いします。

4日には入園式を行いました。例年は進級式も一緒に行うのですが、今年度は新型コロナウイルス感染拡大予防のため、新入園の子どもたち、保護者と職員でお祝いをしました。

入園式.jpg

乳児クラスの職員が手遊びでお祝いしました。

今年度も職員一同、子どもたちの安全を守り、子どもたちを真ん中に保護者の方と成長を見守り保育していきます。

  • hodumi | 
  • 2020-04-08 10:21

保育園よりお知らせ

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、6月30日(火)まで引き続き、一時預かり事業、地域教室をお休みとします。

  • hodumi | 
  • 2020-02-27 17:30

第12回水尾保育園生活発表会

2月8日(土)に生活発表会がありました。発表会は1年間の子どもたちの成長を確認する大切な場です。

どの子もキラキラとしたいい目をして楽しんでいました。

DSC00117.JPG

DSC00089.JPG

4月に入園してきたころはまだヨチヨチ歩いていたり、まだハイハイだった子も、自分の足でしっかりと立ち、大好きな友だち、保育者と楽しそうに遊んでいる姿に1年の大きな成長を感じました。

DSC00046.JPG

DSC00056.JPG

DSC00043.JPG

 5歳児はオープニングでけん玉をしました。年末ごろから毎日のようにけん玉を楽しみ、「今日は〇〇回のったで」「はやくできるようになったで」とどんどん上達し、集中力も持続力もついてきました。ひざの屈伸でリズムを感じ、身体を調整していきます。0歳児クラスから楽しんできたリズムや歌でうーんと身体の中にリズムが取り込まれているのを毎年このけん玉で感じます。ただできるだけではなく、音楽、そしてなによりクラスの友だち全員と気持ちを通わせてけん玉をするということに担任がこだわってやってきました。

 0歳児から6年間生活を共にしてきた友だちと気持ちを通わせようと意識しているのが感じられました。

 どの年齢もこの一年間、大好きな友だち、保育者と楽しんできた姿が発表会で出ていました。保護者の方の日々のご協力があっての姿だと感じています。

 そしてこんな子どもたちの生き生きとした表情、そして成長発達を守るためにも、今の保育制度を守ることはもちろん、さらなる制度の拡充を勝ち取っていかなければいけないと強く感じました。

  • hodumi | 
  • 2020-02-15 15:29

明けましておめでとうございます

 新年あけましておめでとうございます。職員一同、精一杯保育をしていきます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

CIMG7467.JPG

5歳児が作った餅花

  • hodumi | 
  • 2020-01-01 09:00

今年も一年ありがとうございました よいお年を

 2019年も子どもたちや保護者の方、そして地域の方々の中で保育園を運営することができました。本当にありがとうございました。ご迷惑をおかけしたことも多々あるかと思いますが、2020年も、職員一同、誠実に子どもたちに向かって保育をしていきます。どうぞよろしくお願いいたします。

  • hodumi | 
  • 2019-12-31 15:00

避難訓練

12月20日に水尾分署の方に来ていただき、避難訓練、消火訓練を行いました。

近年は自然災害など、予期せぬ事態に見舞われる可能性も高くなっていると思います。。保育園として、子どもたちの命と安全を守るために、職員としても月1度の避難訓練や想定訓練を行ってきました。今回は消防署の方に実際の避難訓練を見学してもらい、意見をいただきました。今後の防災や災害時の私たちの行動につながる良い学びとなりました。

CIMG7316.JPG

職員による消火訓練

これに合わせて、職員の訓練として、この日は園庭で炊き出しをして、給食を作りました。ガスなどのライフラインが無くなってしまったときにも命を繋ぐため、また保育園がいついかなる時でも、地域の中での拠点となれるようにと考えています。

  • hodumi | 
  • 2019-12-30 09:00

餅つき

 12月24日に餅つきをしました。

 5歳児が餅つきをして、その餅で鏡餅と5歳児が餅花を作りました。

CIMG7347.JPG

小さいクラスの子どもたちは よいしょー と大きな掛け声で応援です

CIMG7435.JPG

重たい杵を1人で持ち上げ力強くついています

CIMG7466.JPG

5歳児が作った餅花

 なぜお餅つきをするのか?鏡餅を作るのか?子どもたちに日本の文化を伝える大切な時間になりました。なかなか大人も餅つきの経験をする機会が減ってきていると感じています。保育の中でも、伝えられること、経験できることは子どもたちと一緒に体験し知る機会に出来たらと感じています

  • hodumi | 
  • 2019-12-27 10:32

雪山に行ってきました

 12月5日(木)に5歳児ぐみさくらんぼぐみが六甲山スノーパークへそり滑りに行ってきました。

 こどもたちは「ゆきやまいったら、いっぱいそりすべりする」「ゆきだるまもつくりたいね」ととても楽しみにしていました。雪山は寒いからと、自分たちで毛糸を編んで帽子も作りました。前日にはグループで好きなおやつをスーパーへ買いに行き、スノーウェアを着る練習をして期待いっぱいでした。

 雪山に着くと早速着替えて雪遊びです。

CIMG7053.JPGCIMG7030.JPGCIMG7022.JPG

なかなか勢い良く滑るので、脚でブレーキをかけないといけません。はじめのうちは、早くブレーキをかけすぎて、斜面の途中で止まってしまったり、止まれずにコースアウトしそうになったりしていましたが、何度か滑るうちにすぐにコツをつかんで、一人ひとり調節していました。「おもしろいー」「すごいスピード?」「つぎはふたりですべろう?」と何度も何度も滑っては斜面を駆け上がっていく子どもたちに、見ているだけで楽しいというのが伝わりました。

CIMG7135.JPGCIMG7138.JPG

もう一つたのしみにしていた、お昼のカレーライス。「さくらんぼみんなでレストランくるのはじめてやな」「おかわりほしい?」とお腹いっぱい食べてまた元気に滑り出していました。

CIMG7244.JPG

念願の雪だるまもグループごとに作り、大満足の1日で、帰りのバスはみーんなぐっすり眠っていました

  • hodumi | 
  • 2019-12-05 16:09

待ちに待った運動会

今年度は2度にわたる延期を乗り越え、10月23日(水)に秋晴れの下、第12回水尾保育園運動会を行いました。

子どもたちは、延期になるたびに、もっともっとかっこいい自分たちになれるんだ、お父さんお母さんに一番いい姿を見てもらいたいと常に前を向いて進んできました。保育者も本当に子どもたちの頑張る姿に力をもらい、文字通り待ちに待ったこの日を迎えることができました。

オープニングは全園児による「荒馬」です。今年度は職員が子どもたちに出来る限り本物の文化を伝えたいと、青森県今別町の荒馬保存会の方が行う講習に行き、子どもたちと取り組んできました。5歳児年長児は、そんな保育者の姿に目を輝かせ、荒馬の魅力に引き込まれていました。

力強い荒馬を見事に表現し、さすが5歳児年長組という「荒馬」でした。

sIMG_8409.jpg

sIMG_8410.jpg

4歳児も憧れの眼差しで5歳児を見ています

sIMG_8416.jpg4歳児 棒のぼり

毎年棒のぼりはお父さんお母さんのお手伝いがあって成り立っています。

sIMG_8422.jpg5歳児 竹馬 みんなの大きな声援の中、堂々とトラックを一周歩ききりました。

sIMG_8423.jpg保育園最後の運動会 かっこよかったさくらんぼぐみにはピカピカの金メダルが贈られました。

1年間の前半期の育ちをみんなで確認し合う運動会。たくさんの保護者の声援の中で、0歳児から5歳児まで、どの子も楽しみ、輝いた1日になりました。

  • hodumi | 
  • 2019-11-02 13:52

平和の日のつどい

8月9日(金)に平和の日のつどいを行いました。

毎年、水尾保育園では 8月6日・9日 広島・長崎に原爆が投下された日に合わせて平和の日のつどいを行っています。

戦後74年余りが経ち、戦時中を知る人も少なくなってこられました。もちろん職員も実際は知りませんが、再び、今目の前にいる子どもたち、そしてこれから生まれてくる子どもたちが戦争の犠牲になるようなことがあってはいけないと強く感じています。そして今後二度と戦争が起こらないようにすることが私たち大人の責任であると強く感じています。この平和の日のつどいを子どもたちとも、保護者の方とも、保育者同士も"平和"というものを共に考える日にしています。

今年は8月初めに、広島へ研修へ行く職員がいたので、5歳児が代表して折った折り鶴と、保護者の方に呼びかけ折ってもらった折り鶴を"平和"への願いを込めて届けてもらいました。

折り鶴.jpg

5歳児の子どもたちは、戦争を題材にしたさまざまな絵本を読んで、自分たちが思う平和ってどんなことだろう?とみんなで話し合いました。そしてやっぱり、今いる友だちと遊んだり、ご飯を食べたり、ゆっくり寝ること、ケンカもするけれど笑顔でいることなどが自分たちの平和だな?と確認しました。一人一人が一番平和だと感じることとをしている自分を作って、当日発表しました。

DSC05658.JPG

発表後は、5歳児が「敗戦のこども」「折り鶴」 みんなで「青い空は」を歌いました。

全体会のあと、5歳児には戦争体験をされた地元茨木の方に来ていただいて話を聞きました。子どもたちにとっては難しいことも多かったと思いますが、真剣な表情で5歳児なりに話を受け止め、それぞれ考えた事があったと思います。本当に子どもたちにも、私たちにとっても貴重な体験となりました。

その他

5歳児の保護者の方には、我が子に平和のメッセージも書いてもらいました。担任や自分のお父さんお母さんにそのメッセージを読んでもらって、本当に幸せそうな表情をしていました。

保護者の方には折り鶴の他にも、平和の願いを込めたメッセージを書いてもらい"平和の樹"を作りました

職員は、戦時中の体験記を読み、それぞれが読んで感じたことをまとめた物も貼り出しました。

子どもも、保護者も保育者も、平和について考え、感じ、話す、ことができました。これからも"平和"をみんなで考え話すことができる保育園であり続けたいと思います。

  • hodumi | 
  • 2019-08-20 10:43