なかよしわんぱくだより

どろんこあそび真っ盛り

今年の梅雨前半は雨も少なく、熱中症に気をつけながら散歩や園庭など外であそんでいます

中でもどろんこ遊びは今が楽しい時期です  

感触あそびは年間を通じて大事にしているあそびです 土や泥、水、絵具や粉・・様々な感触に触れることで五感が磨かれていくので全クラス、たくさんの素材に触れています  

その中でどろんこは全身でいろいろな感触を感じることができる他にはない素材なので、この季節は水もたっぷり使いながらいろいろな遊び方であそびます

3.jpg  「ひゃーっ」と言いながら全身で水しぶきを浴びたり

 7.jpg 泥水の中でいつものリズム・・ケンケンできるかな?

8.jpg  友だちと力を合わせて何ができるかな

6.jpg  泥に浸りながら「みてみてー こんなこともできるよ」

たっぷり遊んだ後は自分でどろんこ服を洗います  しっかり手を使って、揉んでゆすいできれいにしてから絞って干します

初めは感触が苦手な子もいますが、いろいろな遊び方をしながら無理強いはせず「おもしろそう やってみたい」という気持ちを大事にしながらあそんでいます  この夏もたっぷり遊んでいきます

  • hodumi | 
  • 2021-06-15 11:44

生き物がいっぱい!

いま、保育園はあっちもこっちも生き物でいっぱいです

今年のたいようぐみは1年間を通じて「自然」をテーマにいろいろな保育に取り組んでいきたいと考えて、全園あげて保育園のあちらこちらにミニミニ農園を作り、作物を育て始めています。昨年の冬、挑戦した大成功した大根に続き、ジャガイモやゴーヤ、キュウリ、オクラなどたくさんの農作物を育て始めています。

IMG_0464 (2).JPG  IMG_0465.JPG

手をかけて育てる楽しさ、食べる喜びは年齢を問わず楽しい活動なので、各クラスが作っています。

IMG_0466 (2).JPG IMG_0468.JPG

ミニカップでそーっと水をやり、ジッと見つめた後「はな、さいてる!」「(葉っぱの形をしげしげ見て)これだれがたべちゃったん?」と発見がいっぱいです。

IMG_0462 (2).JPG

こいのぼりを染めたたいようぐみは、植物の染め物も経験さえせたいというこでマリーゴールドや藍も植えています。

これからが楽しみです。

また、朝、夕、日中のごっこ遊びでは虫たちが主役です。ダンゴムシにミミズにアリ・・ほしぐみではアオムシがさなぎになって次々とちょうちょに育っています。図鑑とにらめっこしながら「あ!これといっしょや!」といろいろ発見をして友だちと教え合っている子どもたちです。

食物も動物も自然にかかわるということはそこでなければ経験できない「不思議」や「科学」を体感することにもつながります。子どもたちは朝も手にいっぱいダンゴムシを捕まえてくるなど興味いっぱいで(個人差はありますが)「知りたい」気持ちを膨らませています。

夏になる前の今の時期だからこそ経験できる、動物や植物など生き物との時間をたっぷり楽しんでいきたいです。

  • hodumi | 
  • 2021-06-03 12:20